メールマガジン登録


 


メンナビ


トップ  >  免許を取ろう!  >  運転免許手続き  >  国際免許証の手続き

(1)日本の免許 ⇒ 外国で運転する場合

日本の運転免許証では、日本国内でしか自動車を運転することができません。
外国で自動車を運転するには、国際免許証(国外運転免許証)を取得する必要があります。

国外免許証の申請の際に必要な書類等

1.国外免許証交付申請書

2.外国に渡航することを証明する書類(パスポート等)

3.現に受けている日本の免許証(提示)

4.免許証用写真1枚 ※

※申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、無背景で、胸から上が写っているもの。大きさ5.0×4.0センチ。
申請場所や受付時間、申請に必要な書類、手数料等の詳細は各都道府県警察の運転免許センター等にお問い合わせください。
 

現に受けている免許と国外免許証で運転できる自動車等の対比表

なお、国外免許証は、その基となった国内の免許が失効し、又は取り消されたときは、国外運転免許証の有効期間内であってもその効力を失います。

国外運転免許証の申請者が現在受けている免許の種類 国外運転免許証で運転することができる自動車等の種類
大型免許又は大型第二種免許を持ち、かつ牽引免許又は牽引第二種免許を保有
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500キログラム(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500(7,700ポンド)キログラムをこえる自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえる座席を有する自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 運転者が免許を受けた上記の自動車に軽量の被牽引車以外の被牽引車を連結した車両
大型免許又は大型第二種免許を保有
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500キログラム(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500(7,700ポンド)キログラムをこえる自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえる座席を有する自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
普通免許又は普通第二種免許を持ち、かつ牽引免許又は牽引第二種免許を保有
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500キログラム(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
  • 運転者が免許を受けた上記の自動車に軽量の被牽引車以外の被牽引車を連結した車両
普通免許又は普通第二種免許を保有
  • 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500キログラム(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。
大型自動二輪免許又は普通自動二輪免許を保有
  • 二輪の自動車(側車付きのものを含む。)、身体障害者用車両及び空車状態における重量が400キログラム(900ポンド)をこえない三輪の自動車

国際免許証の有効な国

アジア インド、大韓民国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、バングラデシュ、フィリピン、マレーシア、ラオス
中近東 イスラエル、キプロス、シリア、トルコ、ヨルダン、レバノン
大洋州 オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア
アフリカ アルジェリア、ウガンダ、エジプト、ガーナ、コンゴ共和国、コートジボアール、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、シエラレオネ、セネガル、中央ア フリカ、チュニジア、トーゴ、ナミビア、ニジェール、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モロッコ、ルワンダ、レソト
ヨーロッパ アイルランド、アイスランド、アルバニア、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、キルギス、グルジア、イギリス、サンマリノ、スウェーデ ン、スペイン、スロバキア、旧ソ連、チェコ、デンマーク、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーラン ド、ポルトガル、マルタ、モナコ、旧ユーゴスラビア、ルクセンブルグ、ルーマニア
北、中、南アメリカ アメリカ、カナダ、キューバ、グアテマラ、ジャマイカ、ドミニカ、トリニダード・トバゴ、ハイチ、アルゼンチン、エクアドル、チリ、パラグアイ、バルバドス、ベネズエラ、ペルー

※ドイツ・スイスの国では、加盟していなくとも国際免許証を持っていけば運転ができます。


詳しくは、警察庁の該当ページをご確認ください。
 

 

(2)外国の免許 ⇒ 日本で運転する場合

 ■日本の免許証に切り替える場合

  • 外国の運転免許証をお持ちの方は、各都道府県警察の運転免許センターにて日本の運転免許証に切り替えることができます。(以下、この手続きを外免切替といいます)
  • 外免切替を行うためには、以下の2つの条件を満たすことが必要となります。

  1.外国免許証が有効であること(有効期限の切れた免許証は切り替えできません)

  2.外国免許証を取得した日から通算で3ヵ月以上その国に滞在したことが証明できること

  • 運転免許センターでの外免切替の一般的な手順は次の通りです。 提出書類、申請手数料、試験などの詳細につきましては、お住まいの地域を管轄する各都道府県警察の運転免許センターに直接お問い合わせください。

    1.申請書類提出
    2.適性試験
    3.交通規則の知識確認
    4.運転技能の確認(運転免許センター内コースを実際に走行)
    5.日本の運転免許証取得
     

 ■外国の免許証で運転する場合

   スイス・ドイツ・フランス・イタリア・ベルギー・台湾の免許証をお持ちの方へ

  • スイス・ドイツ・フランス・イタリア・ベルギー・台湾のいずれかの国・地域で発行された運転免許証をお持ちの方は、その免許証の日本語翻訳文を携帯することにより、日本の法令に則って日本国内で自動車等を運転することができます。
  • 日本国内で自動車等を運転する場合には、日本語翻訳文を当該運転免許証の原本とともに常に所持していなければなりません。
  • この翻訳文で自動車等を運転できるのは、日本入国日から最大一年間です(日本を出国し再入国した場合には、再入国日から一年 間が有効となります)。ただし、日本在住の方は条件が異なりますので、詳細につきましてはお住まいの地域を管轄する免許センターにお問い合わせください。
  • 入国日からの経過日数を確認するため、運転中に警察官からパスポートの提示を求められることがあります。
  • 日本入国日から一年を経過した場合には、同翻訳文を添付していても日本国内で自動車等を運転することはできません。長期にわ たり日本に滞在し、運転をされる場合は、日本の運転免許証への切り替えをお勧めします。日本語翻訳文はこの免許切替手続きにも利用できます。切替手続きの 詳細については、お住まいの地域を管轄する免許センターにお問い合わせください。





 


 


 



 



 

プリンタ用画面

ログイン【ゲスト】
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失
このページのQRコード スマートホーン/モバイル